FC2ブログ

リチウムイオンバッテリ買えないから作るかな~ (その03)

いやー、アドバイスなんて来るわけないし、考えてても進まない。
ということで、完全自己流だけど、進めることにした。失敗してもそれはそれで良しとする。

んで、問題の大電流が流れそうなところは、ガラクタボックスの中のVVFのきれっぱしで
対応することにした。なんとなく大丈夫な気がする。
それと、今回はBMSとセルモニタも付けるところまで進めた。


さー、どうなることやら。。。
スポンサーサイト

リチウムイオンバッテリ買えないから作るかな~ (その02)

バッテリセルの連結に使おうとしていた厚さ0.2mmのニッケル板が届いた。
ここでちょっと考える。本当は注文する前に考えないといけないんだけど~

まず、試作バッテリは、両端から+-を取り出そうと思っている。縦の3セルはパラ接続。
横4列分がS(series)(直列)にするツモリ。
190413-1.jpg

中央の縦3セル同士は表面で接続する。今回かったニッケル板で。
190413-2.jpg

ここで、ちょっと気になった。このセルは35Aも流せるので、
3セル x 35A = 105A
も流れる。
えーー、これじゃまずいんじゃないかなーと思って、調べてみた。
まさに同じトピックの動画を見つけてみてみた。これとかこれ。他にもあるかもしれないけど。

で、以下の表を見てみる。
amps.jpg
このサンプルは、幅7mmで0.2mm厚で、optimalだと 6.4A

んで、問題となる部分は、
190413-2.jpg
この赤い四角の部分。
とりあえず、均等に流れると想定して1つの四角の部分に35Aも流れる。

幅を測ってみると
190413-3.jpg
とりあえず、単純計算してみると
6.4A x (16.5/7)=15 約15Aだ
全然足りねーじゃねーか、メルトするな。
横に渡す部分を3枚重ねる??

それと、セルにくっつけるのにスポット溶接しようと思ったけど、接点面積が少ないのでちょっとヤバイ。
ハンダだとかなり素早く作業しないとセルにダメージが出る。
100Aはdischargeすることになるだろうし。

ということで、
ニッケル板を重ねて使うか2mmのIVの芯線を3本くらい捩って使おうか??
セルに直にハンダ付けしようか?
等を考えてて先に進めなかった。またBMSは3Pの部分はまとめてでしかケアできないし、アンバランスが
収まらなくなってきたらハンダ付けを外してセル交換しないといけなくなる。大丈夫かな??

と、考え中。
また、ある程度の妥協は必要になるだろうけど、進展があればまた更新する。

リチウムバッテリなんて作った事ないので、
詳しい人!ぜひ是非アドバイスください!

リチウムイオンバッテリ買えないから作るかな~ (その01)

うちでソーラー充電しているバッテリは、今はdeep cycleという種類のバッテリ。基本的には一般的な
自動車用のバッテリと大差はない。バスボート用のエレキ(電動船外機)もディープサイクルバッテリを
勧めているらしいけど。でも、やっぱり構造的にはトラディショナルなバッテリにすぎない。
それと、この手のバッテリは実際に使える容量はスペックの約50%と言われている。また、重くてでかい。
と、いろいろ調べているとこんなバッテリを使っているのがアホらしくなってきた。
うちの重くてデカイdeep cycleは約100AHだけど、usable 50AHだ。

ちゃんとしたソーラーシステムを組んでいる人はやっぱりほぼ100%リチウムイオン電池を使っている。
そりゃそうだと思いつつ、こういうビデオを見ちゃうと余計にリチウムイオンバッテリーが欲しくなる。
お金があれば Battle Boneバッテリ買いたいけど、とてもじゃないが買えない。

ここで、諦めておとなしく deep cycle使っていても良いけど、なーーんだか気分が悪くてしょーがない。
と、いうことでとりあえず、作ってみることにした。出来るかどうかは別として。

まず、リチウムイオン電池のセルを輸入した。こんなやつ。
DSCN4543.jpg

24セル買ったんだけど、まずは4S3Pの12セルで12Vバッテリを作ってみる
先行きは24Vのソーラーシステムにするツモリ。
で、このセルはトンデモナイパワーがある。
1セルでなんと 35A Continuous Discharge.
容量は6.5AH. 4S3Pなので、19.5AH 12.8V 105A Continuous Discharge のバッテリになる予定。
だけど、これでも1.3kW程度。今使っているインバータにはちょっとパワー不足。
なので、とりあえず、今回12Vバッテリ1つ作るけど、2個作ってパラにしないといけない。
12Vのパラだと39AHで210A Continuous Discharge になる。
2.6kWなので、そうなるとインバータのほうがパワー不足になるな。
24Vシステムはかなり先の話で、12Vのパラにして試すほうが先になる。
あとは、チャージコントローラーもPWMはやめて本格的なMPPTにして、WIFIネットワーク経由で
ログもとる予定。

で、このセルはちょっと危険なくらい電流が流れるので間違えたらヤバイことになる。
なので、プラスに赤マジックで目印を書いた。あと、セル毎にナンバー振って置いた。
DSCN4544.jpg

電圧も念のためバラツキチェックをした。
ナンバー 電圧
190411-01 3.27
190411-02 3.27
190411-03 3.26
190411-04 3.27
190411-05 3.28
190411-06 3.27
190411-07 3.27
190411-08 3.26
190411-09 3.27
190411-10 3.27
190411-11 3.27
190411-12 3.27
まあ、問題ないレベルかな。

んで、これがホルダ。ここまでくると、気分は中国人??
DSCN4545.jpg

そして、ホルダに入れ込んでみる。これで12Vバッテリ1個分になる。
DSCN4546.jpg

あと、4Sにバラツキがでないように100AのBMSもいれる。
バッテリのフルパワーだとまずいけど、100Aブレーカー入れてあれば壊れない予定。
24Vの8Sのときは、クソ高いBMSを買いなおさないといけないけど~
DSCN4547.jpg

あと、設置後念のためのチェックを定期的にするので、バッテリメーターっていうのも買った。
これは、24Vの8Sでも使えるように8Sタイプにしておいた。当然今回は4Sで使う予定。これ
DSCN4548.jpg

また、部品が来たら進める。

屋上からのソーラー給電線にPF管保護

PF管の余がまだあるので、しまっておいてももったいないし忘れるだけなので使うことにした。
屋上からのソーラー給電線は8mm2が2本と3.5mm2が2本それぞれ30m弱の長さがある。電線だけでも
買えば、(私にとっては)相当な金額になる。なので少しでも長持ちさせないといけない。
紫外線保護にもキズ防止にもなるので、このPF管で保護することにした。
言うのは簡単だけど、これだけの長さで設置してある給電線をPF管に入れ込むのは
至難の業。もしかすると途中で断念しないといけないハメになる。

とりあえず、やれるところまでやってみようと思って今日は5:30から活動して余計な用事をさっさと
済ませて、今回の作業開始した。作業は今日終わらないと月曜日はあまり天気が良くないのでまずいことになる。


もうすこしPF管余っている

アドレス110 リヤタイヤ交換

このバイクは初めて。リヤタイヤの山がツルツルなので交換するしかない。
もちろん手間代はちゃんといただきます。タイヤもこのサイズは在庫がないので
モノタロウで注文した。送料も計算に入れるとまあまあ安い。

で、さっきのズーマーの作業でフォークリフト出してあるので、そのついでに
こっちもやることにした。


初めてなので手馴れてないけど、同じメーカのバイクに乗っているのでなんとなく整備しやすかった。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

Try2Break

Author:Try2Break
プーチャンになって?年経ちます。
よろしくお願い致します!!

[当たって砕けなかった資格]
1級アマチュア無線技師(和文モールスが無くなったのであっさり頂いてきた)
第3種電気主任技術者(5万ボルト未満なら手で触っても大丈夫なのだ)
RHCE ... (超超難しい、1度砕けて2度目で合格)
第一種電気工事士
第一級小型船舶操縦士(昭和51年頃紙の免許の4級も取った)
レーダー級海上特殊無線技士
第一級海上特殊無線技士(入港手続きを英語でやらされた)
将棋初段
大型4輪、大型2輪(坂月、高校2年で2度砕けた3度目でやっと合格)
電話級アマチュア無線技師
2級アマチュア無線技師
LPIレベル1,2
障碍者4級(資格じゃないかも)
英検4級(中学生の時に強制的に教室で受けた)
つくばサーキットBライセンス(講習受けただけでくれた)

[これから当たってみる資格]
まだない

[これから当たってみよ~かなぁ?と思っている資格]
総合無線通信士、陸上無線技術士、電気主任技術者

[当たる前に砕けた資格]
1級アマチュア無線技師(昔、和文モールス勉強中ゲロを吐いて砕け散った)

[現在の所有車両]
VS1400(アカポンコ)
FX1200(クロポンコ)
ズーク
v50
v125
車いす仕様のハイエース
ドローン VISUO XS809HW
HONDA DIOチェスタ 50
Beta for trial
TYS125F(アオポンコ)
ニッサンフォークリフト(リフ太郎)

あくせすかうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR